ペニスを大きくする食べ物は?栄養素を摂取してチンコに活力を!

ペニスを大きくするためには、どんな食べ物が良いのでしょうか?

ペニス増大に特化したアイテムが増大サプリです。
増大サプリにはペニスの成長に欠かせないとされる成分が多数含まれていますが、1ヶ月あたりで10,000円前後するものもあり、購入を躊躇している方も少なくありません。
そこで注目したいのが、食事です。

増大サプリメントに含まれている成分を食事から摂取できれば、増大サプリは理論上必要ありませんよね。

当記事では、ペニス増大に必要不可欠な栄養素がたっぷり入っている食べ物を紹介します。
普段の食事に、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ペニスを大きくする食べ物でサイズアップできるのか

ペニス増大が期待できる食品を紹介する前に、まずペニスが大きくなる仕組みを理解しておきましょう。大きくたましいペニスというと、“鍛えられた筋肉によって力強くなる”と思われがです。

しかし、ペニスに筋肉は存在していません。

ペニスは、海綿体と呼ばれている毛細血管が集合して構成されている部位です。そこに血液が流れ込むことで勃起が起こり、ペニスが大きくなるという仕組みになっています。

まずペニスが増大するとは?

ペニスは、海綿体に血液が流れ込むことで大きくなります。

すると、こんな疑問を持つ方が出てくるでしょう。「それであれば、何も食品などに頼る必要はないのではないか?」というものです。

たしかにその通りですが、誰もが皆平等に血流が良かったり精力が高かったり、精子量が多いわけではありません。

例えば、不健康な生活を送っており血液の流れが悪い場合、その分ペニスに送り込まれる血液量が減少します。

当然、しっかりと硬くならず小さなペニスのままでセックスを行うことになるでしょう。さらに、性的欲求を高めるためには男性ホルモンも欠かせません。

女性とのセックスにおいて、しっかりと性的興奮を覚えることが勃起力を高めるポイントです。やる気がない、血流が悪い、精子量も少ない。

こんなことでは、ペニスは大きくなりません。

有効食品を摂取するメリット

今回紹介するペニス増大が期待できる食品を摂取するメリットがこちらです。

  • 血流をスムーズにする
  • 男性ホルモン向上
  • 精子量増加
  • 精力増強

ペニス増大が期待できる食品を摂取することでこれらの効果を獲得し、最終的に硬くたくましいペニスとなっていくのです。

ペニス増大に必要な栄養素

ペニス増大が期待できる食品を選ぶ際、これらの成分が含まれていることが重要です。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • ビタミン類
  • アリシン
  • タンパク質

シトルリンやアルギニンは、血流拡張効果のある成分として知られています。

ビタミン類は体を構成するために重要であり、タンパク質は精子を作ります。男性ホルモン向上に寄与するアリシン、精子量アップが期待されている亜鉛も欠かすことができない成分でしょう。

もちろん、このほかにもペニス増大に寄与する成分は多くあります。ここからは、これら成分を踏まえてペニス増大が期待できる食品をいくつか紹介していきましょう。

ペニスを大きくする食べ物!バランス良く摂取しよう

ペニスを大きくする食べ物を解説します!

  • スイカ
  • 生姜
  • 青魚
  • 鶏肉
  • 大豆製品
  • 魚介類
  • 牡蠣
  • 大豆製品
  • ピーマン

スイカ

スイカには、高い血行促進効果が期待できるシトルリンが多く含まれています。
シトルリンはアミノ酸の一種であり、血管拡張作用のある一酸化窒素の生成に関わっています。

オリンピックに出場するようなアスリートの多くは、パフォーマンスを向上させるためにシトルリンのサプリメントを摂取しています。
シトルリンの血行促進効果については、各種研究結果でも明らかにされているほどです。

シトルリンはウリ科の食べ物に含まれており、特に多く含まれているのがスイカです。

食品名 100gあたりのシトルリン含有量
スイカ 180mg
メロン 50mg
きゅうり 9.6mg
ニガウリ 16mg
クコの実 34mg

参考:山陰発新技術説明会

シトルリンの1日あたりの推奨摂取量は800mg以上とされているので、スイカだと1日あたり440g程度です。
ただ、他の食品に含まれるシトルリン料は極めて少ないため、食事では摂取しにくいのも事実です。

例えば、ニガウリであれば5キロも食べなければ800mgに到達しません
シトルリンは、食事では摂取しにくい成分なのです。

生姜

血行促進効果のある食べ物といえば、生姜が欠かせませんよね。
冷え性に対して、高い効果をもたらしてくれることでも知られています。

生姜には、血管拡張の働きがある以下の成分が含まれています。

  • ジンゲロール
  • ジンゲロン
  • ショウガオール

ショウガオールには特に高い血行促進効果があるとされ、血管収縮作用のあるプロスタグランジンと呼ばれるホルモンの分泌を抑制させることが分かってきました。
また腸壁を刺激する作用もあり、中心から体を温める働きも期待できます。

青魚

イワシ・サンマ・サバなどの青魚に豊富に含まれているのがEPAであり、そのEPAには血行促進作用があります。
EPAには血液をサラサラにする効果が期待でき、さらに血栓を出来にくくする働きもあるため、血液の流れが改善するとされているのです。

EPAは1960年代にその働きが発見されて以来、血液の性状を健康に保ち、特に血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがある

引用:ニッスイ

ただ青魚ということもあり、苦手な方も少なくありません。
青魚が苦手な人は、缶詰で食べるなどの工夫が必要でしょう。
缶詰で青魚を食べるときは、汁にEPAが豊富に含まれているので捨てないで身と一緒に食べてくださいね。

鶏肉

鶏肉には、アルギニンと呼ばれるアミノ酸が豊富に含まれています。
アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進させる機能があるとされ、子供用の身長系サプリにも含まれているほどです。

部位 100gあたりのアルギニン含有量
鶏むね肉 2,500mg
鶏もも肉 2,100mg
ささみ 2,100mg

参考:文部科学省

アルギニンの1日あたりの推奨摂取量は、2,000mgから5,000mg程度とされています。
鶏肉にはアルギニンが多く含まれており、100g程度で1日の推奨摂取量に届いてしまうほどです。

ただアルギニンに関しては、身体に傷があると1日あたり5,000mgから7,000mg程度は必要、といった話もあります。
身体の状態によって必要になる量が異なるので、少し多めに摂取するのが望ましいです。

大豆製品

大豆にも、成長ホルモンの分泌機能向上が期待できるアルギニンがたっぷりと含まれています。

食材名 100gあたりのアルギニン量
きなこ 3,000mg
油揚げ(生) 2,000mg
挽きわり納豆 950mg
木綿豆腐 590mg
絹ごし豆腐 460mg
おから(生) 400mg
豆乳 300mg

参考:文部科学省

大豆製品だけで、1日の推奨摂取量である2,000mg以上を取るのは難しいです。
しかしタンパク質も豊富な食材であるため、健康のためにも積極的に食べましょう

魚介類

魚介類にも、アルギニンが多く含まれています。

食材名 100gあたりのアルギニン量
煮干し 4,900mg
鰹節 4,200mg
伊勢海老 2,100mg
マイワシ 1,900mg
かずのこ 1,800mg
にじます 1,700mg
タラバガニ 1,700mg
クロマグロ 1,600mg
ししゃも 1,500mg

参考:文部科学省

魚介類を定期的に食べている人であれば、アルギニンに関してはそれほど不足することはないでしょう。
問題は、魚介類が苦手でほとんど食べていない方です。
鶏肉や大豆製品などを献立に入れるなど色々と工夫し、アルギニンを効率的に摂取してくださいね。

 

牡蠣

牡蠣は男性ホルモンの分泌に深く関わる亜鉛を多く含んでいます。

亜鉛は欧米ではセックスミネラルとも呼ばれている成分であり、睾丸の働きに深く関わっています。
睾丸では精子や男性ホルモンが作られており、それらの原料になるのが亜鉛とされているのです。

亜鉛は、牡蠣以外にもビタミン類やタウリンなども含まれている高機能な食材です。
一方で、ビタミン類やタウリンは熱に弱いとくちょうがあるため、できれば生食がおすすめですよ。

大豆製品

大豆に含まれるトリプトファンにも、男性ホルモンを増強する働きがあるとされています。

トリプトファンは、幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンの材料となります。
セロトニンが分泌されることで、身体の機能が正常化しホルモンバランスも整いやすくなるため、結果として男性ホルモンの分泌機能が向上するわけです。

大豆製品は、比較的ヘルシーであり種類も豊富です。

  • 豆腐
  • 豆乳
  • 納豆
  • きなこ
  • 油揚げ
  • 味噌など

1日1回でも良いので、ホルモンバランスを整えるためにも大豆製品を食べる癖をつけましょう。

ピーマン

ビタミンCが豊富に含まれている点が、男性ホルモン増強の食べ物としておすすめできる理由です。

男性ホルモンは酸化作用に弱いとされているのですが、ビタミンCには皆さんご存知のように抗酸化作用がありますよね。
体を酸化から守ってくれるのがビタミンCであるため、豊富に含むピーマンの摂取がおすすめというわけです。

ただピーマン以外にも、ビタミンCが含まれている食べ物はたくさんあります。
ブロッコリー・キウイフルーツ・いちご・レモン・キャベツなどにも、豊富に含まれています。

ビタミンCには加熱調理すると壊れやすい、といったデメリットがあります。
ピーマンに含まれるビタミンCは加熱調理しても壊れにくいので、おすすめ食材として紹介しました。
どんなにビタミンCが豊富に含まれている食材であっても、調理することで減ってしまっては意味がありません。
ピーマンは加熱調理しても、ビタミンCがたっぷりと摂取できる極めて効率的な食材なんですよ。

ビタミンCが熱に強い理由は、ビタミンPが含まれているからです。
ビタミンPにはビタミンCを熱や酸化から守る働きがあるだけではなく、毛細血管を守る働きもあるため血行促進効果まで期待できます。

増大サプリも摂取するとより効果的

ここで紹介した食品などを日々、積極的に摂取することはペニス増大に役立ちます。

しかし、より効果的にペニス増大を目指したい方は「増大サプリ」を併用するとよいでしょう。増大サプリとは、ペニス増大を目的に作られたサプリメントで、ペニス増大に重要な成分がたっぷりと含まれています。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛

これら、ペニス増大に重要である成分が豊富に含まれているサプリメントであり、日々摂取できるので高い効果が期待できます。

普段の食生活からペニス増大を意識し、さらに増大サプリも摂取。3ヶ月頃、きっと力強くたくましいペニスになっているはずです。

食べ物による増大は難しい!増大サプリを活用しよう!

ペニス増大に効果的な成分をたっぷりと配合した食材を紹介しました。
日常の献立に活かしてもらえたら幸いです。

ただ、正直なところ紹介した食材を毎日食べるのって難しくありませんか?
スイカや牡蠣は、1年中食べるものではありませんよね。
生姜や青魚が苦手な方も多いでしょう。

ペニスを増大させるためには、増大作用のある成分を毎日摂取する必要があります。
気まぐれに1日だけ増大成分が豊富に含まれている食材を食べても、効果は期待できません!

食事による増大対策を難しいと感じた方は、増大サプリを有効活用しましょう。
増大サプリであれば、様々な増大成分を効率的に摂取できます。

コストが気になるかもしれませんが、まとめ買いや定期購入で20%オフや30%オフ、さらには1箱(1ヶ月分)がおまけしてもらえることもありますよ。

工夫すれば増大サプリは安く購入できます!
食事対策で効果が出なかった経験がある方も、この機会に増大サプリの利用を検討してみませんか?